信州人虫を食べる
12月7日(月) 晴れ 午前9時 気温+1℃
 おはようございます。
先日、知り合いの方から、気になる本を借りてきました。「信州人虫を食べる」って本で、信濃毎日新聞社から発行されてる書籍。帯には「さぁ、食べろや。」と有り怖い!モノクロのゲテモノ(失礼)写真が随所に有り、「ゲッ」っと思いながら見るという本です。まぁ~コワいもの見たさかな。信州では、昔から伝統的に食べてきた昆虫…蜂の子であったり、イナゴ、ザザムシ、ジバチ他…タンパク質をそれで補っていたのかも知れないですね。世界中でも色々と食す民族はいますが、まっ好きずきですから。長野県が長寿県なのは、虫食うから?うーん、食べらんない。絶対無理。宮城県でも、イナゴは食べますよね。米どころでは、イナゴ取りも一つのレクレーションで、子供達はイナゴ取りの日が有り、集まったイナゴは業者に売り、学校の備品等の足しにすると聞いた事が有ります。信州に何年いようと、虫食いには馴染めない私です。でも、理解はしてみようと本を借りた訳ですが、理解出来ないかも~。蜂さんは、精力剤的なエネルギー満載らしいです。 クロスズメバチの幼虫やサナギ~形有るものまで、食べるんですよ!やはり小さい時から食べてると、抵抗なく食べられるのかも知れないですね。地域によって、いろんな文化があるから。勉強になりました。 ではまた
         
FROM AYA
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
スポンサーサイト



[2015/12/07 10:13 ] | - | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<軽井沢国際カーリング大会 | ホーム | 今週のいちおし物件>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karuizawahighland.blog.fc2.com/tb.php/1522-041be7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |